音楽を、やってみよう!~楽器レビューと徒然日記~

楽器レビューや音楽の話題を中心にした徒然日記です。

【レビュー】BOSS TU-3 最新のペダルチューナー。

本日は、BOSSのペダルチューナー、TU-3をご紹介します。

 

ペダルチューナーというと、KORGコルグ)とこのBOSSが二大巨頭なイメージがありますね。本日紹介するのは、BOSSの現行モデル、TU-3ということです。

 

ペダルチューナーがなんなのかは、今さら説明も不要かとは思いますが、ギターやベースのチューニングをする際、音程が合っているか、その高低を足下のランプ式メーターで確認しながらチューニングを行うものです。

 

最近は、アコギ系の方のみならず、エレキ系の方でもクリップチューナーをお使いの方を結構見かけるようになりました。

 

もちろん、クリップチューナー、これはこれで便利なんだと思いますが、個人的には、やっぱりチューナーは足下かな、という思いを強く持っています。

 

だって、ギターにはできるだけ余計なものをつけずに、ギターそのもののフォルムを見てほしいな、って思うじゃないですか。

 

そんなわけで、私は自宅のちょっとした個人練習以外は、常にペダルチューナーを愛用しています。

 

そんなこのTU-3。どのような使い方をするのかは、まずは動画で見てみましょう。

 


【試奏動画】BOSS TU-3 Chromatic Tuner【BOSS COMPACT PEDAL 100th ANNIVERSARY!!】

 

 

この光の感じ、使い勝手がいいというのもありますが、第一印象として、「美しい」…と思いません? 

 

この、光に誘われてチューニングをする、この感覚…。私、これ、単純に結構好きなんですよ。

 

さてさて。使い方をもう少し見てみましょう。

 

ギターからの信号を「INPUT」のところに差し込むというのは良いとして、アウトプット側には「OUTPUT」と「BYPASS」の2つがあります。

 

これ、前者の「OUTPUT」は、チューナーをオンにしたときに音が出なくなる(ミュートされる)もので、後者の「BYPASS」は、チューナーをオンにしている間も音が出っぱなしになるというもの。 

 

ライブなどでチューニング中に「ばいーん」という開放弦の音が鳴っているのはあまりかっこいいものでもないと思うので、通常は「OUTPUT」で使うことになりますね。

 

あと、このTU-3、他のエフェクターへの電源供給機能を有しています。このTU-3をACアダプターで駆動させて、他のエフェクターに電源を供給してやるという、言うなれば簡易パワーサプライのような機能も果たしてくれるのです。これ、地味に便利ですよ。

 

TU-3を語るときに「弱点」として言われるのが、「BOSS特有の音やせ」感。といっても、個人的にはこれを音やせというかもさることながら、これはBOSSのエフェクター全般に通じる音の変化のような印象を持っているので、実はあまり気にしていません。むしろ、変なハイがほどよく削れて、使いやすい音になっているのではないかと感じるほどです。

 

さて、このTU-3なのですが、実はその前モデル、TU-2というのも非常に人気のあるペダルチューナーでして、こちらを持っている方も多いです。

 

で、そのTU-2とTU-3でどこが変わったか、どこが進化したかと言う点は、実は結構興味のあるところではないでしょうか。

 

私の知る限り、大きくは、次の5点で感じで整理できるかな、と思っています。

 

  1. 高輝度モードの搭載。これにより、屋外などの明るいところでも非常に見やすくなっています。(なお、TU-2が見にくいわけではありません。TU-3の進化具合が大きすぎる、というところです)

  2. ギター/ベースモードの搭載。音程単位のみならず、「○弦」といった単位でのチューニングが可能になっています。弦と音の関係が把握し切れていない初心者の方には便利かもしれません。

  3. アキュピッチサイン機能の追加。チューニングがあった際、LEDのランプでお知らせしてくれます。地味に便利です。

  4. 使用LEDの数が増加。(11→21個)。細かいところですが、これにより精度の高さを視覚的に把握することができます。

  5. チューニング精度のさらなる向上。なお、この影響かどうかは分かりませんが、TU-2と比べて、5弦ベースのときの反応がかなり良くなっていると感じます。

とまあ、このようなところでしょうか。

 

「頑丈で使いやすいチューナー」という基本コンセプト自体は、既にTU-2で完成されていたので、そこから劇的な進化、というのは正直ないように感じる向きもあるかもしれません。

 

でも、これらの新機能、一度覚えてしまうと、結構やみつきになるのも事実。

 

もしまだペダルチューナーを持っていない人がいらっしゃれば、このTU-3、メチャクチャ便利で使いやすいので、ぜひ導入を検討してみてください。