音楽を、やってみよう!~楽器レビューと徒然日記~

楽器レビューや音楽の話題を中心にした徒然日記です。

【レビュー】BOSSのロングセラー、SD-1。

引き続き、オーバードライブの話をしてみようと思います。

 

今回も再びBOSSの定番機種、SD-1のレビューです。

 

[rakuten:chuya-online:10002331:detail]

 

これも、ここまで紹介してきた「BD-2」「OD-3」と同様、長きにわたって愛されているペダルですよね。

 

tk-guitar.hatenablog.com

 

 

tk-guitar.hatenablog.com

 

さて、このオーバードライブ「SD-1」は、「Super Overdrive」、スーパーオーバードライブという通称で知られています。

 

「何がスーパーなの?」という話ですが、これはBOSSエフェクターの黎明期までさかのぼらないといけないかもしれませんね。

 

もともと、BOSSが最初に発売したコンパクトエフェクターの1つが、かの有名な「OD-1」。元祖のオーバードライブでした。

 

この「OD-1」は、手頃な価格と使いやすさ、筐体の頑丈さなどから瞬く間に大ヒット商品となりましたが、一方でつまみが「ゲイン」と「ボリューム」のみのシンプルさであり、サウンドバリエーションを広げたいというような声があって、これに答えたのが、「トーン」つまみを追加した「スーパーオーバードライブ」こと「SD-1」というわけなのです。

 

OD-1の方は、このSD-1のほか、OD-2などといった後継機の登場もあって、1985年んいは生産を終了してしまうのですが、そのシンプルな潔さと、エフェクター業界におけるエポックメイキングな意味合いから、今もなお根強いファンが多く、中古市場では高値安定の取引が行われています。

 

一方で、今回のSD-1については、今なお現行品でもありますので、BOSSのコンパクトエフェクターでおなじみの「1万円」でおつりが来るような買い方ができます。

 

というか、最近は実売価格が5,000円台にまで下がってきており、かなり買いやすいですね。

 

さてさて、そのSD-1のサウンドなのですが、基本的には「自然な歪み」といったところでしょうか。ポップ系のロックバンドで、カッティングなんかをするとすごく気持ちが良いような音ですね。

 

今回も、例によってサウンドを聴いてみましょう。

 


SD-1 SUPER OverDrive [BOSS Sound Check]

 

ただ、このSD-1にしても、その前身のOD-1にしても、真価を発揮するのは、ブースターとして使ったときだと言われています。ゲインを絞り、ボリュームを上げて、ギターソロのときなどにグイッと踏むと…ギターサウンドが、激しく前面に飛び出てくるのです。

 

このほか、チューブアンプの歪みに、隠し味的に「ちょい足し」してあげるのも、なかなか面白い使い方だと思います。

 

ちなみに、よく「SD-1とOD-3の違い」という議論がありますが、私の感覚だと、

・SD-1…きめの細かいオーバードライブ

・OD-3…少し荒々しいオーバードライブ

というような印象を持っています。

 

なので、歪みとして使うならOD-3、ブースターとして使うならSD-1みたいな使い分けがいいかなあ…と思いますが、SD-1の歪みが心地よかったりするときもあるので、ここは本当に悩ましいです。

 

このように、1台持っていると、幅広くいろいろ使えるSD-1。前述のように、価格が5,000円台にまでなってきて、いよいよホントに気軽に買えるというのも、ものすごい強みだと思います。

 

もしエフェクターを持っていない初心者ギタリストさんがいれば、後々までずっと使えるという点もおいても、ぜひ最初に使ってみてほしいエフェクターだな、と思います。

 

長く第一線の現役で居続けている、ロングセラーのエフェクターには、それなりの理由があるんですよ。

 

 

BOSS Super OverDrive  SD-1

BOSS Super OverDrive SD-1

 

 

[rakuten:chuya-online:10002331:detail]