音楽を、やってみよう!~楽器レビューと徒然日記~

楽器レビューや音楽の話題を中心にした徒然日記です。

【レビュー】BOSS SD-1W WAZA Craft Series

本日は、BOSSのWAZA Craft(技クラフト)シリーズ、SD-1Wをご紹介しようと思います。

 

BOSS ボス Waza Craftシリーズ SUPER OverDrive SD-1W

BOSS ボス Waza Craftシリーズ SUPER OverDrive SD-1W

 

 

名前、そして見た目からもおわかりのとおり、これ、BOSSのオーバードライブ、SD-1を、言うなればセルフモディファイしたような格好の商品です。

 

最近、BOSSはどちらかというとデジタル系のエフェクターに注力してきていますが、このWaza Craftシリーズは、アナログの従来品を、現代的にカスタマイズしてきているイメージですね。

 

そのベースとなるSD-1については、このブログでもレビューを書いたことがあります。とにかく安定感、安心感がある一品ですよね。最近は実売価格が5,000円程度に下がっていることもあり、価格も含めた使い勝手の良さが光る一品です。

tk-guitar.hatenablog.com

 

さて、まずはサウンドを聴いてみることにしましょう。

 


BOSS SD-1W Super OverDrive Sound Preview

 

うん、メチャクチャ、気持ちいいですね。

 

このエフェクター、基本的なつまみは「LEVEL」「TONE」「DRIVE」と、ノーマルのSD-1と一緒なのですが、TONEつまみの上に「S」と「C」と書かれたスイッチがあります。

 

これは、モード切替スイッチなんです。

 

「S」は「スタンダードモード」で、オリジナルのSD-1の音色であるというふうにされています。ただ、そうはいっても、ディスクリート回路を使用し、全体的に上質に仕上げられているためか、より扱いやすい音色になっている印象です。

 

一方の「C」は「カスタムモード」。スタンダードモードより…というかSD-1よりもゲインをアップしたサウンドになっているとされています。SD-1Wらしいサウンドを求めるのなら、こちらを使っていくことになるのでしょう。

 

で、その「C」モードのサウンドなのですが、私の印象では「上質で元気」という印象。基本的にはSD-1と同じサウンドの方向性を向いてはいるのですが、そこにパワーが加わり、非常に弾いていて心地よいです。

 

また、「これぞアナログ!」って感じの追従性の良さ…これはピッキングやボリュームに対する追従性なのですが、ここもまた自然な感じ。

 

なんといいますか、ギタリストの本能に訴えかけてくるような、そんなオーバードライブだと思います。

 

この手のハンドメイド系のエフェクターというのは、ともすれば3万円前後くらいが相場になってしまって、なかなか買うのにも勇気がいる価格ところなのですが、このBOSSのWaza Craftシリーズは、1万円台後半で売られているところもポイントが高いです。

 

また、BOSSの頑丈な筐体であること、新品で買えば5年保証がついてくるところなど、細かいところでBOSSの安心感を得ることができるというのも大きいところ。

 

ところで、このSD-1WとノーマルSD-1。ノーマルSD-1が5,000円というバーゲン価格になっていることもあって、両者の間には、結果として1万円以上の価格差がついています。

 

この価格差と音との関係をどう整理するか。

 


Boss Waza Craft SD-1w vs SD-1 SUper Overdrive Comparison at GAK

 

こうして両者を聞き比べてみると、SD-1Wの「S」モードと、ノーマルSD-1は、確かにわずかな差はあるのですが、ここに1万円の価格差を見出すのは、ちょっと理屈では難しいかもしれません。

 

ただ、一方で、SD-1Wの「C」モードについては、方向性こそ同じではあるものの、これはもう、別のエフェクターとして理解してもいいのではないかと思えてきます。

 

そう考えると、SD-1Wは、「SD-1のパワーアップ版」というよりは「SD-1と、SD-1ベースのゲインアップしたオーバードライブの2個が1つになった商品」というふうに理解できてきます。

 

このあたりの感覚は、後発のJB-2に通じるところもあるかもしれません。

tk-guitar.hatenablog.com

 

こういうふうに理解すると、SD-1Wの1万円の高さは、高いどころかむしろお買い得なのではないか…そうとさえ思えてくるほどになります。

 

オーバードライブ愛好家の方には、ホントにオススメです。ぜひぜひ、試してみてください。

 

BOSS ボス Waza Craftシリーズ SUPER OverDrive SD-1W

BOSS ボス Waza Craftシリーズ SUPER OverDrive SD-1W

 

 

【レビュー】BOSS TU-3 最新のペダルチューナー。

本日は、BOSSのペダルチューナー、TU-3をご紹介します。

 

ペダルチューナーというと、KORGコルグ)とこのBOSSが二大巨頭なイメージがありますね。本日紹介するのは、BOSSの現行モデル、TU-3ということです。

 

ペダルチューナーがなんなのかは、今さら説明も不要かとは思いますが、ギターやベースのチューニングをする際、音程が合っているか、その高低を足下のランプ式メーターで確認しながらチューニングを行うものです。

 

最近は、アコギ系の方のみならず、エレキ系の方でもクリップチューナーをお使いの方を結構見かけるようになりました。

 

もちろん、クリップチューナー、これはこれで便利なんだと思いますが、個人的には、やっぱりチューナーは足下かな、という思いを強く持っています。

 

だって、ギターにはできるだけ余計なものをつけずに、ギターそのもののフォルムを見てほしいな、って思うじゃないですか。

 

そんなわけで、私は自宅のちょっとした個人練習以外は、常にペダルチューナーを愛用しています。

 

そんなこのTU-3。どのような使い方をするのかは、まずは動画で見てみましょう。

 


【試奏動画】BOSS TU-3 Chromatic Tuner【BOSS COMPACT PEDAL 100th ANNIVERSARY!!】

 

 

この光の感じ、使い勝手がいいというのもありますが、第一印象として、「美しい」…と思いません? 

 

この、光に誘われてチューニングをする、この感覚…。私、これ、単純に結構好きなんですよ。

 

さてさて。使い方をもう少し見てみましょう。

 

ギターからの信号を「INPUT」のところに差し込むというのは良いとして、アウトプット側には「OUTPUT」と「BYPASS」の2つがあります。

 

これ、前者の「OUTPUT」は、チューナーをオンにしたときに音が出なくなる(ミュートされる)もので、後者の「BYPASS」は、チューナーをオンにしている間も音が出っぱなしになるというもの。 

 

ライブなどでチューニング中に「ばいーん」という開放弦の音が鳴っているのはあまりかっこいいものでもないと思うので、通常は「OUTPUT」で使うことになりますね。

 

あと、このTU-3、他のエフェクターへの電源供給機能を有しています。このTU-3をACアダプターで駆動させて、他のエフェクターに電源を供給してやるという、言うなれば簡易パワーサプライのような機能も果たしてくれるのです。これ、地味に便利ですよ。

 

TU-3を語るときに「弱点」として言われるのが、「BOSS特有の音やせ」感。といっても、個人的にはこれを音やせというかもさることながら、これはBOSSのエフェクター全般に通じる音の変化のような印象を持っているので、実はあまり気にしていません。むしろ、変なハイがほどよく削れて、使いやすい音になっているのではないかと感じるほどです。

 

さて、このTU-3なのですが、実はその前モデル、TU-2というのも非常に人気のあるペダルチューナーでして、こちらを持っている方も多いです。

 

で、そのTU-2とTU-3でどこが変わったか、どこが進化したかと言う点は、実は結構興味のあるところではないでしょうか。

 

私の知る限り、大きくは、次の5点で感じで整理できるかな、と思っています。

 

  1. 高輝度モードの搭載。これにより、屋外などの明るいところでも非常に見やすくなっています。(なお、TU-2が見にくいわけではありません。TU-3の進化具合が大きすぎる、というところです)

  2. ギター/ベースモードの搭載。音程単位のみならず、「○弦」といった単位でのチューニングが可能になっています。弦と音の関係が把握し切れていない初心者の方には便利かもしれません。

  3. アキュピッチサイン機能の追加。チューニングがあった際、LEDのランプでお知らせしてくれます。地味に便利です。

  4. 使用LEDの数が増加。(11→21個)。細かいところですが、これにより精度の高さを視覚的に把握することができます。

  5. チューニング精度のさらなる向上。なお、この影響かどうかは分かりませんが、TU-2と比べて、5弦ベースのときの反応がかなり良くなっていると感じます。

とまあ、このようなところでしょうか。

 

「頑丈で使いやすいチューナー」という基本コンセプト自体は、既にTU-2で完成されていたので、そこから劇的な進化、というのは正直ないように感じる向きもあるかもしれません。

 

でも、これらの新機能、一度覚えてしまうと、結構やみつきになるのも事実。

 

もしまだペダルチューナーを持っていない人がいらっしゃれば、このTU-3、メチャクチャ便利で使いやすいので、ぜひ導入を検討してみてください。

 

 

 

【レビュー】Marshallのミニアンプ、MS-2

今回は、マーシャルのミニアンプ、MS-2をご紹介します。

MARSHALL MS-2 ミニアンプ

MARSHALL MS-2 ミニアンプ

 

 

最近でこそ、各社からさまざまなミニアンプがリリースされていますが、このマーシャルのMS-2は、その中でも特に歴史が古く、ある意味においてこの分野のパイオニアといってもいいかもしれませんね。

 

さてさて、サウンドの方は、といいますと…。


ミニアンプ比較 Marshall MS−2 【イシバシ楽器WEBSHOP】

 

なるほど、これはこれで味があるのですが、多分、みんなが思い描くマーシャルとは、ちょっと違うのかな、という気もしないでもありません。

 

このアンプ、筐体が小さいがゆえに、コントロールつまみの数も自ずと制限され、「ボリューム」「トーン」「スイッチ兼モード切替」の3つのみ。この「モード切替スイッチ」で、クリーンとオーバードライブを切り替えることになります。

 

で、これだけのサイズですので、もちろん電池駆動もOK。9V電池で駆動します。

 

また、このアンプ、背面にベルトと固定するためのクリップがついておりまして、ベルトにMS-2をひっかけて、電池駆動させてしまえば、いつでもどこでもギターサウンドを鳴らすことができてしまいます。

 

ただ…やはり古い商品だからなのか、やはりサウンド面では、最近のミニアンプと比べると少し厳しいかな、というのも事実かもしれません。

 

では、このMS-2の魅力はどこにあるのか…私はやはり、このアンプのデザインに尽きると思います。

 

だって、あのマーシャルアンプを、ここまでかわいらしくミニチュア化してくれているんですよ。しかも、数千円の価格で。そう考えると、ロック愛好家のオブジェとしては、極上の一品なのではないでしょうか。

 

なので、このMS-2、2018年現在の正しい利用法としては、「音も鳴らせるマーシャルのオブジェ」というふうに見るのが良いのではないかと思います。

 

ちなみに私も、家の本棚に、これを飾っています。家にマーシャルのある生活…なかなか、いいですよ♪

 

MARSHALL MS-2 ミニアンプ

MARSHALL MS-2 ミニアンプ

 

【レビュー】BOSS CS-3 Compression Sustainer

今回は、BOSSのコンプレッサー、CS-3 Compression Sustainerをご紹介します。

 

 

 

BOSSのこの手のエフェクターは、ロングセラー商品が非常に多いのですが、このCS-3も例外ではなく、1986年にリリースされてから、実に30年以上も販売が継続されている、スーパー定番品なわけです。

 

コンプレッサーといえば「過大入力を押さえ、過少入力を持ち上げる」、まさに「音の粒をそろえる」ためのエフェクターなわけですが、同時にその過程の中で得られる独特の音、いわゆる「パコパコ感」に音作りの要素を感じて使われる局面も多いもの。

 

さて、このCS-3、どのような印象でしょうか。

 


CS-3 Compression Sustainer [BOSS Sound Check]

 

このCS-3、印象としては非常にナチュラルにかかるコンプレッサーでして、先日紹介した「Dyna Comp」のような、ド派手なパッコンパッコン感とは、まさに対極にあるような印象です。

tk-guitar.hatenablog.com

 

 

ですので、コンプレッサーを通じた音作りを求める方にとっては物足りないかもしれませんが、逆にコンプレッサーに純粋に「音の粒揃え」を求める方にとっては、非常に扱いやすいエフェクターなのではないかと思います。

 

ですのでこのエフェクター、ギタリストもそうですが、ベーシストで使っている方も多かったりします。CS-3を、粒揃えに専念させるわけですね。

 

さて、このエフェクター、つまみが4つあります。

 

「LEVEL」は当然出力レベルなわけでして、「TONE」もよくある高音の調整。コンプレッサーは、ややもすれば音が丸くなりがちなので、気持ち上げ気味くらいの方がちょうどいいかもしれませんね。

ちなみに、CS-3の前モデル、CS-2にはこのトーンコントロールがありませんでした。

 

「ATTACK」は、コンプが効き始めるまでの時間。左に回すと早く、右に回すと遅くなります。

 

「SUSTAIN」は、音の減衰を押さえる…ひいては音の伸びを調整するということになります。こちらは右に回せば回すほど効きが強くなります。普段は12時くらいの設定でいいと思いますが、ギターソロでロングトーンを引っ張るときは、思い切って「ぐいっ」といっても良さそうです。

 

とまあ、このようなCS-3ですが、いろいろ設定ができるとはいえ、正直、どちらかというと「地味」な部類に属するエフェクターだと思います。

 

でも、不思議なもので、この「地味」なエフェクターをオンにしながらアルペジオやカッティングをしていると…なんだか、妙に心地よい。まさに「隠し味」的なエフェクターなわけなんです。

 

そして、そのかすかなスパイスが、プレイヤーを、すごく心地よくしてくれる。

 

クリーントーンで勝負するタイプのギタリストさんの足下に1つあると、とっても良い仕事をしてくれると思います。

 

 

【レビュー】MXR dyna comp あの「パッカーン」サウンドはこれで!

本日は、MXRの「dyna comp」をレビューしようと思います。

 

MXR M102 DYNA COMP

MXR M102 DYNA COMP

 

 

これまた、コンプレッサー界の定番品の一つですよね。ダイナコンプ、ネット等では「大根」と略され、多くのギタリストに親しまれている一品です。

 

コンプレッサーとは、大きい音を小さく、小さい音を大きくし、音量を均一化するためのエフェクター。ただ、単なる粒揃えのみならず、その過程の中で発生するサウンドの変化を音作りに活用するといった手法も、ギタリストの中では定石化しています。

 

とりわけ、このダイナコンプについては「パッカーン」といわれるパーカッシブなサウンドが売りである、と言われています。その音を、まずは聞いてみましょう。

 


MXR / M102 Dyna Comp ダイナコンプ【デジマート製品レビュー】

 

まず、サウンドが全体的に整えられた感じがするのが、おわかりいただけるかと思います。コンプの一般的な効果に加えて、このダイナコンプ独特の効果として、「高音をほどよくカット」というような音作りをしている印象があります。

 

とりわけ、カッティングに際しては、低音弦と高音弦のバランスが良くなっており、非常に聞きやすいサウンドとなっています。また、あの「パッカーン」音を楽しめるのも、こういうカッティングサウンドのときですよね。

 

また、ソロを弾くときなどは、「小さくなった音を持ち上げる」効果のおかげでサステインが良くなっておりますロングトーンのギターソロが、格好良く決まりそうですよね。

 

そんなdyna compの操作方法ですが、つまみが2つと非常にシンプルで、「OUTPUT」と「SENSITIVITY」だけ。要は「音量」と「効き目」です。

 

細かい設定ができないことに不満を感じる向きもあるかもしれませんが、一方で、「余計なことを考えている暇があったら、少しでも多くギターを弾いていたい」という考え方のギタリストさんには、こっちの方が分かりやすくていいかもしれません。コンプは特に難しいので、こだわりはじめるとキリがないですからね…。

 

このダイナコンプ、細かいことを考えて音作りをするというよりは「ダイナコンプならではのサウンドを出したい」というような目的で使っていく方が、その特徴を活かせるような感じがします。無味無臭なコンプとは、ある意味対極に位置するコンプですね。

 

ですので、苦手な人には苦手かも知れませんが、はまる人には、間違いなくはまります。

 

ちなみに、私はこのダイナコンプの魔力にはまってしまった一人です。コレはホント、やみつきになりますよね…。

 

なお、このダイナコンプ、ベースにも結構はまります。バキバキのスラップサウンドを得意とするベーシストさんとの相性が良さそうですね。

 

MXR M102 DYNA COMP

MXR M102 DYNA COMP

 

 

【レビュー】BOSS CH-1 SUPER Chorus

本日は、コーラスのド定番、BOSSのCH-1 SUPER Chorusをご紹介します。

BOSS SUPER Chorus CH-1

BOSS SUPER Chorus CH-1

 

 

今さらな話かもしれませんが、コーラスというエフェクターは、原音から微妙にずれた音を、少し遅らせて出力することで、音に広がりを与えるエフェクターです。「揺れもの」と表現されたりしますよね。

 

このコーラスがあると、音が幻想的な響き方をすることもあって、たとえばアルペジオのときとかに使ったりすると、楽曲全体に美しい世界観を付与することができます。

 

で、このCH-1は、BOSSがリリースしている定番のコーラスエフェクター

 

発売は1989年と比較的歴史があり、実は当初はアナログエフェクターだったのですが、その後、マイナーチェンジにおいて、デジタルエフェクターへと変化しています。音の方向性はほとんど変わらないのですが、同じ型番のまま、アナログからデジタルへと変化するというのは、かなり思い切ったことなのではないかな、と思います。

 

さて、そのサウンドはどうか。

 


BOSS CH-1

 

割と明るく、分かりやすくかかっている印象ですね。

 

このエフェクターには、4つのつまみがついています。

 

まず、「E.LEVEL」はエフェクト音の音量調整です。ここを上げすぎると原音が消えてしまいますので、程良いところを探しましょう。

 

で、EQが、エフェクトの効いている帯域を調整するつまみです。

 

そして、コーラスの「効き」の強さを左右するのが「RATE」と「DEPTH」。「RATE」は揺れの速さを、「DEPTH」は揺れの深さをそれぞれ調節します。

 

ラードアルペジオなどは、あまり早く揺れていると無粋な感じがするので、RATEは抑えめに、逆に思い切ったサウンドを鳴らしたいときは、RATEやDEPTHを上げていくと、チャレンジングな音作りができたりもします。

 

BOSSのエフェクターというと、とにかくロングセラーの商品が非常に多いわけですが、このCH-1もその中の1つ。

 

圧倒的な個性があるわけではありませんが、どこでも手に入り、そして安心して使える、この安定感

 

足下に1つあると、何かと安心なエフェクターですよね。

 

 

BOSS SUPER Chorus CH-1

BOSS SUPER Chorus CH-1

 

 

【レビュー】VOX amPlug2 Bass

本日は、VOXのヘッドホンアンプ「amPlug2 Bass」をご紹介しようと思います。

 

 

つい先日、このシリーズの「amPlug2 AC30」をご紹介いたしましたが、今回はベースバージョンをお届けします。

 

tk-guitar.hatenablog.com

 

前の記事にも書いているのですが、このVOXのamPlug2シリーズは、

  • 非常にコンパクトでかわいい
  • ミニジャックのイヤホンを差して使うというお手軽さ
  • 意外としっかり音が出る
  • 酒類も多く、コレクター心をくすぐられる

といった特徴があり、私もそれゆえ、ついつい集めてしまっているタイプの人間だったりします。

 

で、今回はベースバージョンのご紹介ですね。こちらは特にモデリング等はないようで、単純に「Bass」のみを名乗っています。

 

このamPlug2シリーズ、操作方法はおおむねすべて共通です。

 

まず、本体側面のスイッチが電源&モード切り替え。

 

この「モード」なのですが、ベースバージョンにおいてはゲインを大・中・小の3つから切り替えるような格好になっています。基本は「大」でいいのかな、と思いますが、アクティブベースなどだと歪んでしまう場合があるので、その場合はここでゲインを下げましょう。

 

で、あとはボリュームとトーンがありまして、一番右側のつまみは、「リズムマシンのボリューム」。

 

そう、このamPlug2 Bassには、リズムマシンが搭載されているのです。

 

操作方法は「RHYTHM」を押すとリズムパターンの切り替え。そこはまだいいのですが、テンポの変更は「RHYTHMボタンを押しながらリズムマシンのボリュームを触る」という分かりにくさ。分かりにくいだけならまだしも、これによってリズムマシンのボリュームつまみを一緒に触ってしまっていますので、音量のコントロールが面倒くさい。

 

とはいえ、確かに操作性は褒められたものではありませんが、このサイズでリズムマシンまで搭載してくるというVOXの意欲、私は素直に好きですね。

 

なお、リズムマシン機能は面倒くさいなあと思ったら、そこは素直にAUX端子を使って、音楽プレイヤーやメトロノームを鳴らしてしまいましょう。

 

ちなみにサウンドはこんな感じ。

 


VOX amPlug 2 - Bass Headphone Mini Amp (4K)

 

このサイズで、ベースサウンドをしっかり鳴らせるというのは、とても魅力的です。楽屋のウォーミングアップあたりは、まさにピッタリですよね。

 

前のAC30のときにも書きましたが、とにかくこのamPlugシリーズの売りは「手軽さ」。ベースをこれだけ手軽に鳴らせる環境を作り出せるというのは、非常に大きいです。

 

特に初心者の方にとっては、「ベースにふれ、ベースサウンドを鳴らしている時間」をいかに多くするかが重要なわけですが、このamPlug2を使っていれば、ほぼ誰にも迷惑をかけることなく、ベースの練習に没頭できますからね。

 

私も自分が初心者のときに、これが欲しかった…。

 

とまあ、そんなamPlug2 Bass。価格もお手頃ですので、ぜひ購入してみてください♪